スポンサーリンク

年末調整とか確定申告など複雑な仕組みに感じますね。

そこで分かりにくいことは専門家に教えてもらうのが
一番だと思って知人の税理士に聞いてみました。

年末調整や確定申告を理解するために
知っておくべき大前提

 

スポンサーリンク

サラリーマンならば毎月の給料から
大体、多めに税金が徴収されているのです。

分かりましたでしょうか。

多めに税金が常に徴収されているのです!

本来あなたが支払わなくてもいいお金を
税金で徴収されているのですね。

だから本来のあなたの収入に見合った税金に
するのが年末調整とか確定申告という制度なのです。

だからサラリーマンなど給与所得者ならば
会社から年末調整の用紙が配布されたら
その通りに年末調整の手続きをすればいいのです。

そして多く収めていた税金の1部が
還付金として1月の給与の中に
戻ってきたりするのですね。

では会社勤めでない人はどうするの?

 

アルバイトを複数しているなど収入のある方

個人事業主

主婦で副業されての収入のある方

などなど

これらの所得者がご自分の所得に応じた
本来の税金に調整していくのが確定申告制度なのです。

「私はアルバイト収入だけだからとか
そんなに多くの収入がある者でないから」

スポンサーリンク

そんな考えで確定申告していないと
☆基本的には☆この国では多めに
税金を徴収されていく仕組みなのです。

(まれにそうでない場合もあるとのことです)

そこで確定申告しようとしたときに
いろいろと分からないことが出来てきますね。

それらについて、別記事でポイントをお伝えしていきます。

確定申告医療費控除の対象として
税理士から聞いた市販薬の間違いやすいポイントはこちらです。

確定申告の医療費控除対象でよくある間違いはこちらです。

☆今日のポイント

年末調整や確定申告しないと
基本的にはあなたの所得よりも多めに税金が
徴収されています。

会社勤めならば、年末調整の活用

それ以外での所得者は確定申告の活用を

無駄な税金を支払わなくていいように活用しましょう。

なお、記事には正確性を期していますが、
私の聞き間違いや誤解などがあればご指摘くださいませ。

その際には必ず本名とご職業など
明示して頂くようにお願い致します。

重箱の隅をつつくようなご意見や
悪意を持った主張をされる方はないと思っております。

誠意あるご意見には
誠意あるご対応をさせて頂きます。

そして頂いたご意見を
税理士に確認して文面の訂正など対処して参ります。

スポンサーリンク