スポンサーリンク

親戚に大学受験をする息子さんがおられるので
受験に合格されたら合格祝いには何をしたら
喜ばれるのかと昨晩から話をしていました。

一人暮らしになるからそれに必要な家電が
いいのでは万年筆がいいとか腕時計がいいとか
いろいろと意見が出ました。

商品券や図書券、レストランの食事券も
喜ばれるのではと。

でも相手がもらって一番喜ぶものは
何かという視点で考えたときにはやはり現金ではないでしょうか。

スポンサーリンク

腕時計とかどんなものにしてもその好みもあるでしょうし、
掃除機は家にいくつもあってもらっても邪魔になるだけとか
でこんなものくれるならば他のものが欲しかったと
思われてはせっかくお金を使って贈った意味もないですね。

図書券、レストランの食事券ならばそれにしか使えない。

スポンサーリンク

商品券ならばどこかのデパートへ持っていかないと
いけないとか価格以下のものを購入したらおつりは出ませんと
言われたこともあります。

だから現金が一番嬉しいのではないかと思うのです。

現金を渡すのは相手に失礼だという気持ちを持つことも
ありますが、一番相手が喜ぶのは何かという観点で
考えるとやはり現金でお渡しすると喜んでもらえるように感じます。

中元や歳暮でハムが3つも届くとこんなに要らない、
これに使ったお金で別のものを頂いたほうが嬉しいとか
ついつい思ってしまうものです。

同情するならばお金を下さいということもどこかで
聞いたような。

もし品物を贈るならば相手の方が何を必要としておられるの
かを直接本人にきけないなら家族の人とかにさりげなく尋ねて
喜ばれるものを差し上げたいものです。

相手が一番欲しいものは何か、喜ぶものは何だろうと常に考えて
いきたいと思っています。

スポンサーリンク