インフルエンザ症状風邪との違い38度の発熱子供はインフルエンザ?

公開日:  最終更新日:2015/03/09

今日もご訪問有難うございます。

そろそろ寒くなってきました。

そこで今日は
———————————-
子供や主人が38度の熱が出たけど、

インフルエンザの症状と風邪の症状の違いは何?
———————————-
そんなあなたへのメッセージです。

インフルエンザの場合は、

☆急激な発症(関節痛、倦怠感も激しい)

☆急な高熱(38度以上)

ここがポイントとなります。

スポンサードリンク

但し、素人では

インフルエンザの症状と風邪の症状の違い

が的確に判断できないことも多いそうです。

知人の内科医は、急な高熱が出たら

とにかく近くの医療機関へ受診してほしいとのこと。

インフルエンザの原因は

「インフルエンザウイルス」です。

だから風邪とは全く違うのです。

当然ながら対処も全く違ってきます。

インフルエンザの症状の改善するには

体内のインフルエンザウイルスの増殖を防ぐことです。

そのために治療は

「抗インフルエンザウイルス薬」の服用となります。

この服用により発熱期間が2日前後短くなります。

全身の筋肉痛、倦怠感、悪寒、頭痛などの

症状も軽減されていきます。

特に子供さん(幼児)の場合は

スポンサードリンク

急性脳症などになりやすいので注意が必要です。

脱水症やひきつけなどもおこしやすいです。

これらを大前提として

インフルエンザの症状と風邪の症状の違いです。

せき、鼻水が主-風邪

高熱(38度以上)、
関節痛、倦怠感が主ーインフルエンザ

悪寒は弱いー風邪

悪寒が強いーインフルエンザ

せきが軽めー風邪

せきこむーインフルエンザ

インフルエンザの場合、他の人への

感染予防を考慮して、症状がおさまってきても

2日間は自宅療養が勧められます。

☆ポイント

インフルエンザの場合は、

☆急激な発症(関節痛、倦怠感も激しい)

☆急な高熱(38度以上)

そして素人判断をせずに

早めに主治医、かかつけの病院へ行きましょう。

インフルエンザ注射は痛いので子供が痛くない予防接種についての
記事はこちらです。

———————————-
子供や主人が38度の熱が出たけど、

インフルエンザの症状と風邪の症状の違いは何?
———————————-

そんなあなたへ今日の情報が

お役に立てば幸いです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑