介護で利用者さんにイライラしたときは

公開日:  最終更新日:2015/03/21

介護というのはとても大変ですね。
家族に介護職の者がいるのですが、
施設の利用者さんに認知症で88歳の女性が
おられて「夜中でも看護婦さーん」と大声で呼ばれるそうです。

なかなか言うことを聞いてもらえず、介護職員は利用者さんに
イライラすることが多い。

スポンサードリンク

相手は認知症の方だから何度教えてもすぐ忘れる。
仕方ないことだとは思っても、あまりにも手間がかかるものだから
だんだん腹が立ってくる。

当然トイレへ行かねばならない状態なので、
「○○さん、トイレに行きましょう」と連れていこうとしても
「イヤ、行きたくない」とベットから離れようとしない。

ところが職員のAさんはとても上手に利用者さんを
動かしていく。

その利用者さんの手をとって、
下の名前で呼んで「○○ちゃん、一緒にトイレに行こうねえ」と
笑顔で優しく接する

スポンサードリンク

そして利用者さんがベッドから動き始めると
「○○ちゃん、えらいねえ」と声をかけるそうです。

すると相手がやはり褒められると嬉しいのでしょう。

にこっと微笑まれるそうです。

そして無事トイレへ。

帰ってきたら「○○ちゃん、偉かったねえ、今度大好きなものを
食べようね」とまた褒める。

認知症のことですからとんでもないことをされることもあります。

そんなときはやはり叱ることになるのですが、根底に愛情が
あるので他の職員以上に厳しく叱るのですが、相手は
受け入れるそうです。

そしてまたそのあと何かのことで必ず褒めるのです。

相手を動かすのは根底にある愛情と笑顔、そして
優しい言葉、それがとても大事ですね。

年寄り笑うな行く道だ、やがて自分もこのようになっていくという
この相手の方も50年前はこんな状態ではなかった。

介護というのは本当に大変なことだと思います。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑