クリスマスプレゼント定番以外でヘルシー志向の女性が喜ぶものは?

公開日:  最終更新日:2015/09/16

今日もご訪問有難うございます。

クリスマスプレゼントとして女性へ贈るもの、

「定番のマフラーとか手袋なんか飽きたよ、
何か珍しくて相手の健康にも良いものないの?」

そんな知人がいたので調べてみました。

今30代の女性も好んで着用していると聞いて
驚いたのがコレです。

スポンサードリンク

クリスマスプレゼント定番以外でヘルシー志向の女性が喜ぶものは?

女性用赤ふんどし和柄シリーズ、とてもキレイな画像です。

ふんどしのつけ方なんかみんな知らないですよね。
そこでこんな動画を見つけました。

赤ふんどしと白ふんどしの色の違いは何か

赤ふんどしは勝負事の際に着て、白いふんどしは
礼装用として使われたそうです。

ふんどしの健康効果(女性編)

通常考えてみてもゴムの締め付けが強いものは
男女ともに睡眠時に特によくないだろうなとは想像できますね。

締め付けの強い下着をやめれば、
適度な冷たさの刺激が身体に与えられます。

体内で熱を産生しようとする努力(産熱機能)が高まる。
その結果内蔵の働きが活発になって血行が良くなるとのこと。

医学では常識的なことだそうです。

では特に女性にとってはどうなのか

【締め付けの強い下着はバイ菌の温床!?】

これ、こわーいお話ですね。

考えられる代表的な病気を少し挙げておきます。

☆膀胱炎、尿道炎、腎盂炎(じんうえん)、腎炎

尿路感染症の大部分は外からの菌の侵入によって起こります。
いったん感染を起こすと、その部分を覆ってしまうことで
細菌の繁殖を助けてしまいます。

☆膣炎
鼻炎や外耳道炎のように、
空気に触れる機会が多い部分は治癒しやすい。

しかし締め付けの強すぎる下着で覆っていると
なかなか治りにくいといわれているようです。

☆仮面うつ症、気分障害
長期にわたる締め付けの強すぎる下着の着用は、
少しずつ身体へのストレスとなり、疲労の蓄積
するらしい。

そして頭痛、偏頭痛、肩こり、背部痛などの症状、
何をするにも億劫になる、気が滅入る、
こんなことにつながる場合もあるそうです。

なんと怖いことなのかと思ってしまいました。

冷えやむくみの対策としても、
締め付け感の弱い赤ふんはいいようです。

【「冷え性」や「むくみ」対策にふんどし!?】

無理に強く締め付けてしまうと血液の流れを遮り、
皮膚温度を下げてしまうようなのです。(放熱作用)

それで冷えにつながる。

また、体に流れているリンパ管は
締め付けの強すぎる下着などで圧迫されると、
循環が悪くなり、むくみの原因になるのでは?といわれています。

せめて就寝時等のリラックスタイムには
できるだけ締め付けを避けて
身体をリラックスさせるのがいいみたいですね。

ふんどしの健康効果 日本ふんどし協会を参考にしました

スポンサードリンク

赤ふんどしはどこで購入できるの?

きれいな和柄を取り揃えているところを
調べてみました。

アマゾンにもいろいろ販売されていますね

ヤフーショッピングにもあります。

こんなお店がフェイスブックをしていますので情報を得られます。

今年のクリスマスプレゼントとして女性への贈る
候補の1つに赤ふんどしを考える参考になれば幸いです。

関連記事としてこちらもどうぞ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑