ママ友が欲しい人へこんなママには要注意!&うまく付き合うコツ

公開日: 

春になると公園へ行ったり、地域の交流広場などに出かけたりして初対面の【ママ】と話す機会が増えると思います。

今回はママ友付き合いスタートをする方に

・こんなママには要注意!
・気の合うママ友との付き合い方・見つけ方

を体験談としてご紹介します。

スポンサードリンク

こんなママには要注意!

ママ友は【子供同士が仲良くなったから結果的にママと仲良くなる】というイメージがあるかと思いますが、
赤ちゃんのうちに出来るママ友は【ママと仲良くなったから結果的に子供同士が仲良くなる】というのがほとんどです。

まずは要注意ママについて紹介しますね。

家族の休日に遊びたがる

あるママのご主人は平日お休みのお仕事。
世間一般の家族の休日である土日祝日は、彼女にとっては平日です。
家族で賑わうショッピングモールや、スーパーも子供と二人で過ごすことになんとなく寂しさを感じていたそうです。

我が家の休日である日曜日が雨だったある日、「家にいるけどよかったら来る?」と、
それから毎週日曜日になると「今日はどこか行くの?私はひまだから!」とLINEが来るように。

理由をつけて断ってはいたものの、
「土日本当にさみしいの。LINEだけでもいいからしたい」と言われ、困ってしまいました。

家族の休日にママ友と絶対遊びたくない!とは言いません。
しかし配慮は必要ですよね。

育児の感覚が合わない

多少なりともママ達は育児のポリシーを持っているもの。
このポリシーが理解できるかできないか、というのはママ友付き合いに非常に大きく関わると、私は感じています。

「やめて」と注意していることをしつこくやるお子さんを持つママ。
自身の子に腹の底から頭にきたのか、思いっきりバシン!と頭を叩いたんです。

ちょっとびっくりしている私に「うちは頭叩くの!私も叩かれてきたから!」とママ。
虐待を疑う訳ではありませんが「この人とは合わないな」と感じて、早々にお付き合いをやめました。

年収の話をしたがる

あるママは、やたらと年収の話をしたがる人でした。

素敵なファッションのママを見ては「いつも新しい服着てるよね、旦那年収いいのかな」
旅行のお土産をくれたママには「よく旅行行ってるよね!お金持ちだね!」
車の購入を検討していた私には「車種を見れば世帯年収がわかるよね」

何かにつけて、年収やお金のことばかり。
「ボーナス100万だった~何買おっかなー何が良いと思う?」と報告してくる始末。

我が家のことも色々詮索してるんだろうなと思い、この方も早々にお付き合いを辞めました。

スポンサードリンク

ママ友とうまく付き合うコツ

前章では要注意ママの話をしましたが、とは言っても皆さん大人ですから、
そんなに変な人ばかりじゃないです。

趣味や性格が合う合わないはあれど、普通に話をする程度には”普通”に楽しく話が出来る方ばかり。
近すぎず、遠すぎず、うま~く付き合っていくコツをお伝えします。

悪口はのらりくらりで流す

悪口とまではいかなくても「あの人、こういうとこあるよね~」と話してくるママもいます。
そこで「そうそう!」と同情してしまうと、悪口言いあう仲間として認定されてしまいます。

「そうなんだぁ。へぇ~」と話をうんうんと聞く程度にとどめておきましょう。
シャットアウトしてしまうと「私の話聞いてくれない!」と火に油を注いでしまうので、のらりくらりでいきましょう。

金銭感覚を探る

年収を知りたがるとは全く違いますよ!
金銭感覚が合わないママと付き合うのは、結構負担になります。
金銭感覚を探るには、スーパーの話をするのが◎。

「Aスーパーってどう?私はちょっと遠いからあんまり行かないんだよね」
というような話題を振ってみます。

「豚こまグラム98円だったよ!お肉は100円以下のもので抑えたいよね」
なんて返ってきたら超good!

大体の主婦は安く品質のいい物を買いたいもの。
お肉をグラム100円以下で抑えたいとか、そういった話を聞くと金銭感覚が大体わかります。

SNSは教えない

フェイスブック、インスタグラム、ツイッターなどのSNSは本当に仲良しの友達にしか教えないのが吉。
かなり個人的な内容を投稿するので、嫉妬をされることも多いです。

SNSは他の友達のことを考えるとやめるのは難しいですよね。
「なんでこの人のために投稿内容を考えなきゃいけないんだ…」
と思うのも癪ですから、いっそのこと教えないでおきましょう。

最初からさらけだす

いっそのこと、最初から丸腰で挑むのもアリです。
「私こういう人だからそれでも良ければどうぞ」というスタンスの人は、案外付き合いやすいもの。
合わなければ付き合わなければいいだけの話なので、お互いに探り合う必要がないんですよね。

私がいま仲良くしているママも、そういったスタンスの人達です。

まとめ

ママ友は面倒、うっとうしい、などマイナスイメージもたくさんありますが、
味方になると本当に心強い存在です。

皆さんにも、長~く楽にお付き合いが出来るママに出会えますように!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑