蚊で子供の腫れがヒドイ!対処法のご紹介

公開日: 

お子さんが蚊に刺されて
ただの虫刺されと思っていたけど、
かゆみで引っ掻いてしまい傷になったり
どんどん腫れてしまったり。

大人にとってはただの虫刺されですが
子供にとっては大変です。

今回はお子さんの蚊にさされた時の
症状や対応についてお伝えしますね。

スポンサードリンク

蚊で子供の腫れがヒドイ!対処法のご紹介

蚊に刺されたとき
大人の場合はかゆみとぷくっと腫れる程度で済みますが
子供の場合は腫れがひどくなることがあります。

蚊にさされた時のかゆみや腫れは
人の体内に入る蚊の唾液に対するアレルギーの症状です。

大人は何度も刺されるうちに免疫がつきますが
アレルギーに対する経験があまりない子供は
数時間以上経ってから症状が出たり、
大人よりもひどくなることがあります。

念入りに対処してあげましょうね。

子供が蚊にさされてしまったら・・

消毒します

水や消毒液で刺されたところを
きれいにしてから、塗り薬を塗ってくださいね。

刺されたところを覆います

ひっかいてしまうと出血したり、とびひする
(細菌による皮膚の感染で、水ぶくれになります)
可能性があるので、
通気性の良い包帯やガーゼで刺されたところを保護します。

ばんそうこうは細菌を増殖させるので
使わない様にしてくださいね。

爪が長ければ切っておきます

刺されたところをかいてしまった時に
爪の間にある菌が患部に入らないよう
爪は短くしておきます。

子供がかゆがっていたら

保冷剤や冷たいタオルで冷やしてあげると
血管が収縮してかゆみが軽減されます。

腫れやかゆみがひどいようなら病院へ

処置をしても腫れが5cmほどの大きさになったり
ひどくかきむしってしまうようでしたら
小児科に連れて行きましょうね。

市販の炎症やかゆみを抑える塗り薬とは違い、
アレルギーに対しての塗り薬や飲み薬を処方してもらえます。

おわりに

特に子供や赤ちゃんは
体温が高いため蚊に刺されやすいです。
まず慌てずに様子をみましょうね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑