紫外線の手や首元への対策 手袋の素材や色は?

公開日:  最終更新日:2015/05/14

忘れないで!紫外線の手や首元への対策をしましょう!

仕事柄、よく社内の営業さんと食事をすることがある私です。

先日、男性の営業さんと食事をしている時に年齢の話になりました。
「何歳か本気で当ててもいいですか?」というので、1歳でも若く見られたらいいわ~などと思いつつ、「はい、どうぞ」と言ってみました。
(本当は年齢の話など避けたいところですが…)

スポンサードリンク

結果、実際の年齢よりも7歳ほど若い数字を言われて、とてもホクホクと喜んでいたのですが、さて、その根拠は何だったでしょうか?
すると「僕は女性の年齢を想像する時は手と首を見るんですよ」と言っていました!

ささ、女性のみなさん、顔以外に見られている箇所はありますよ。
手と首元の対策も忘れずにしておきましょうね。

■紫外線の手への対策とは…

手は顔よりも早くお肌が老化してしまうそうです。
一番良いのは、他の部位と同じように肌を露出させないこと。

となれば、真っ先に思いつくのは「手袋」。
冬と同じ手袋を想像するとなんだか暑苦しいのですが、今は涼しげな素材や指先にデザインを施してあるものなど多様にあるので、暑い時期にも自分に使いやすいものをぜひ探してみてくださいね。

スポンサードリンク

選ぶ素材としては、まずUVカット加工のされているものです。
これは帽子や傘を選ぶ時と同じです。
色も同様に黒が一番紫外線を吸収しやすいのですが、なんと言っても黒は熱い!
最近は色よりもUVカット加工がされていることが重要だと言われていますので、黒はなぁ~という方はなるべく濃いめの色で選んでみてくださいね。

それと日焼け止めも忘れずに。
手は汗をかいたり、手を洗ったり、塗ってもすぐに落ちてしまいます。
お洗濯干し、ゴミ捨て、近所にお買いもの…などの「ちょっと」でも日焼け止めを塗って出かけたいものですね。

1日が終わったら、ハンドクリームでしっかりと保湿して、綺麗な手を保っていきましょう!

■紫外線の首元への対策とは…

首元も他の部位と同じく、日焼け止めを塗り、肌を隠すのが良いですよ。
首も汗をかきやすいので日焼け止めはこまめに塗り直しが必要です。
そうそう、首の後ろももちろん紫外線を浴びやすいので忘れずに!

それからスカーフやマフラーを巻くのも良いですね。
薄手でもUVカット加工素材で作られているものは多くありますし、なんといっても着脱がしやすい。
ネックカバーに比べて、室内に入るときはさっと外せて小さくたためる…などのメリットもありますしね。
巻き方にこだわれば、ちょっとした首元のおしゃれもできます。

■紫外線の子供への影響は?

子供への紫外線の影響は近年ずいぶんと騒がれるようになりましたね。
では子供への紫外線の影響とはどんなものなのでしょうか?

次の記事で書いてみますね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑