青春18切符の期間2015!料金や購入と下車おすすめは?

公開日: 

30代ママと話していたら青春18切符って何?
ゴールデンウイークでも使えるの?お得なの?
どこで買うの、子供の料金はいくらなのと質問されました。

青春18切符を使って子供と
下車してのおすすめスポットや
子連れで青春18切符旅行での持ち物
などを書いてみました。

スポンサードリンク

青春18切符の発売期間と利用期間2015は?

【公式発表】

2015年【春】

発売期間 2月20日~3月31日

利用期間 3月1日~4月10日

ご覧の通り4月10日までしか
春は使えないですね。

だからゴールデンウイークには
青春18切符は使えないんですよ!

2015年【夏】

発売期間 7月1日~8月31日

利用期間 7月20日~9月10日

これは子供の夏休みも意識されて
いますので少し長めになっていますよ。

子連れママには嬉しいですね。

2015年【冬】

発売期間 12月1日~12月31日

利用期間 12月10日~1月10日

青春18切符の料金はいくらなの?

5枚綴りで11500円です。

1枚=1人で2300円の1日乗車券ですね。

だから2300円以上かかる場所へ
行かないとあまり意味がないですよ。

青春18切符の子供料金はあるの?

通常の切符ならば「小学生」には
子供料金が適用されて大人の半額に
なるんですが、青春18切符は違いますよ。

まるまる大人と同じ2300円なんです。

未就学児(幼児や乳児)は原則として無料。

但し注意点もあるのでここは
青春18切符だけでなくてJRでは
共通していますので下記の記事に
詳しく書いていますのでご参考になさってくださいね。

北陸新幹線子供料金ココに注意!

青春18切符はどこで購入できるの?

JR各駅やみどりの窓口

旅行会社

JR指定席自動券売機での購入の仕方の動画
がありましたので初めてのママは参考にしてね。

注意点:電車の中で車掌さんに
「青春18切符欲しいんですけど」って言っても
電車の中では購入できませんよ。

青春18切符はバラで買えないの?

子供と3人で日帰りするのだから3枚でいいわ
5枚なんて不要だわ~そう思いますよね。

ところが残念ながらJRではバラでは売ってくれません。

5枚でないとダメってこと。

そこで目つけるのが
金券ショップとかネットオークションですね。

でもね、通常の1枚2300円よりも高い
値段の場合も多いから気をつけてくださいね。

青春18切符が余ったら払い戻しはないの?

5枚のうち3枚使った。余った2枚はどうするか。

JRへ持っていけば「利用期間」内ならば
手数料はかかるけれど払い戻いはしてもらえます。

スポンサードリンク

ここで注意点は、今年の春の青春18切符ならば
来年の春の期間は使えませんし今年の夏の期間も
使えないことです。

利用期間内に5枚使ってしまうか、利用期間内に
払い戻しをしてもらう必要がありますね。

青春18切符は売り切れはあるの?

これは大丈夫ですよ。だから予約もいらないんです。

青春18切符は快速や新快速は乗れるの?

普通列車だけでなくて快速や新快速も
乗れますよ。

青春18切符下車おすすめスポットは?

今回は東京からママが子連れで
青春18切符を使ってのおすすめスポットです。

東京から3時間程度で行けるところです。

車窓から富士山や南アルプスも
眺められるので中央線はいいですよ。

韮崎駅のあたりから
ホームの駅名標に
駅の標高が書かれていますよ。

どんどん列車が高いところへ
登っていく感じがします。

☆JR中央線の上諏訪駅下車

諏訪湖へ行ってみるのもいいですね。

日帰り温泉好きならば
片倉館はいいですよ。

また別スポットとして静岡方面

東京から約3時間で行けますよ。

JR東海道本線 静岡駅下車

子供が好きなお城で駿府城

静岡駅の南には
登呂遺跡、博物館もありますよ。

青春18切符持ち物など注意点は?

子連れママへ特に
今までも持って行って良かったものを
書いておきますね。

□最新の時刻表

□トランプ

□カロリーメイトの類
(食べものや飲み物は
列車に乗る前に用意ですよ)

□郵貯銀行のカード
(郵貯ならば大体ありますので)

□お金は余分に。

今日のまとめ

青春18切符はうまく使うと
子供と楽しい旅行もできますので
ご活用なさってくださいね。

ママとしても楽しめる旅行に
なることを念じていますね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑