高齢者に好かれるコミュニケーションの方法は?工夫や留意点は?

公開日:  最終更新日:2015/08/08

先日ファミレスで食事をしていたら

「高齢者、年配者の人は苦手だなあ
考え方も話題も違うし仲良くなるのは
チョー難しいよ」と話あっている介護職の
方たちがおられました。

そこで高齢者、年配者の人と仲良くなる
秘訣
について私が仕事上のおつきあいが
あったある方から教えて頂いたことを
書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

高齢者に好かれるコミュニケーションの方法は?工夫や留意点は?

その方はある分野の講演の達人で
毎年同じ都市に講演に行かれた場合
来場者は少なくとも昨年の1.5倍増。

だからどの都市も収容できる会場が
なくなってしまう、
そんなとてもお話がお上手な方なのです。

当時20代であった私が
その方から先ず教えて頂いたことは
「高齢者、年配者に好かれる人間になりなさい。」

そして
「高齢者、年配者に好かれるには
相手の愚痴話を真剣にきくことが秘訣だ」と
教えて頂いたのです。

その方はご自身の経験を通して
次のように教えて下さいました。

達人のお話:
私は今でこそこれだけ多くの方の前で
話をしているけれど最初からそうではなかった。

山奥の村に住むおばあさんが
話が聞きたいと言われたらバスも通っていないので
何時間も歩いてその方一人に話しをしに行った。

そして私が話しをしようとすると

そのおばあさんが
「先生、くだらないお話なのですが、聞いてもらえますか?」
と言われる。

私はよーし、これはチャンスだと
「どんなことがあったですか?」と身を乗り出して
真剣にそのおばあさんのお話を聞かせてもらった。

その話は大体嫁についての不満だった。

「先生、うちの嫁は私のことが憎くいのでしょうねえ。
最近なんかはご飯までわざと硬く炊いて私が
食べにくいようにしているんですよ。

私の大事な息子までがあの嫁が来てから
嫁の顔色ばかり窺って私に冷たい態度をとるんです。。。」

こんな話が延々と続く。

でも私は「ほー、そうですか、それはお辛いですねえ。
いやーそんなことされたら誰でもイヤですよねえ。。」と
共感しながら真剣に聞かせてもらった。

すると1時間位愚痴話をされると
「ああーースッキリした♪ 先生どうも有難うございました。
来月もまた私の家に来てください」とご招待預かるのだ。

大体ご年配の方の愚痴話などは家族の者で
真剣に耳を傾ける者などいない。

だからそんな話を真剣に聞いてあげるだけでも
高齢者の方から好かれる
、また来てくださいと言われるものなのだ。

だから私は自分のしたい話よりも
先ず相手の愚痴話や悩みを聞くことに徹している

それは何十時間話をするよりも大事なことだ。

よく話し上手は聞き上手と言われるだろう。

特におばあさんと接するときなどは
話される内容は毎回大体同じ愚痴話なのだが、

そんな時に

「ああーまたこの話か。この前も同じこと聞きましたよ
なんていい加減に聞いてはダメなんだ。

お、この前はここの話が先に出てきたが
今日はこの話を先にしておられるぞ!と真剣に聞く。
これだけ繰り返し言われるのはよほどお辛いのだろうなあ」と
親身になって聞くことに徹する。

そうしたら相手の方がとっても喜ばれる。
私のことを大好きになってくれる。

するとそのおばあさんが
「こんな親切な先生、私はじめてだわ
あなたたちも一緒に先生からお話きいてみたら」と
近所のお友達を誘って下さるようになった。

こんな連続で今ではどの会場でも収容しきれない
来場者数となっているんだ。

だからキミも
先ず高齢者、年配者に好かれるように。

そしてその秘訣は
相手の愚痴話を真剣にきくことだよ

このように詳しく教えて頂いたのです。

スポンサードリンク

高齢者、年配者の人と仲良くなりたいと
悩んでおられる方のヒントとなれば幸いです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑